金融取引についての情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

過去の情報一覧

金融取引での相対売買とは

相対売買とは、仲介者を入れずに一人の売り手と一人の買い手が価格や数量などを決めて売買することをいいます。金融取引では、市場や取引所を介さずに売り手と買い手双方の合意によって、価格や数量、決済方法などを決めて取引します。主に取引されるものは、債券や外国為替、CFDなどです。この場合、顧客と証券会社との間で取引されます。それに対して金融市場や取引所を通じて不特定多数が取引するのは、委託売買と言います。あまりにも大量の株を売却する場合、市場に影響を与えないために相対売買を利用して取引されることがあります。

相対売買とはどのような取引か

相対売買は「あいたいばいばい」と読みます。一般的な金融取引では、売り手と買い手が取引所を通さずに直接取引を行う事を、相対売買と呼びます。売り手と買い手が直接取引を行うので、当事者間で価格や数量、決済方法なども決める事ができます。こうした取引方法は主に債券、外国為替、金融派生商品に見られます。また、代表的な取引としては、JASDAQのマーケットメイク銘柄の取引が挙げられます。なお、FX取引やCFD取引においては、投資家が口座を開設した際に約款に同意し、定められたルールの上で取引を行う事となります。

© Copyright 金融取引の方法について. All rights reserved.