金融取引についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 事業者に不動産担保ローン

新着情報

過去の情報一覧

不動産担保ローンの金利

不動産担保ローンとは、不動産を担保に資金を借り入れることです。住宅ローンもその一種です。住宅ローンの場合は政策的な意味合いもあって、金利は1%台からと極めて低い水準です。金利が低い反面、利用には制約があり、自ら住む住宅のためにしか借りることはできません。一般に、不動産担保ローンといった場合は、住宅ローン以外で、基本的に資金使途に制約がない一方で、金利は7%前後からとやや高めになっています。不動産を担保に、自由な資金を借りたり、投資用物件を担保にしてその購入資金とする場合などに利用します。

不動産担保ローンは安くてよい

もし借り入れが非通用になったときに、不動産担保ローンはとても有利なローンです。金利手数料が安いのです。数百万円程度の借入れでしたら、保証人なし担保なしの信用貸しのカードローンが今は主流になっていますが、そういうローンと比べて不動産担保ローンは保証人の代わりをしてくれる信用保証会社のコストがかからない分確実に金利が安いのです。もちろん返済が出来なくなったときには担保は差し出さなければならないかもしれませんが、無担保の信用貸しだからと言って踏み倒して済むものでもありません。

© Copyright 金融取引の方法について. All rights reserved.