金融取引についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 金融機構からの地方交付税

新着情報

国と金融市場などから資金調達

地方交付税は、金融において、全国の地方自治体によるサービスを均一にさせるための財源が、地理的や経済的に偏りが出てくるのを補正する制度です。地方自治の実現と独立性を強化することを目的とし、国は財政の確保と交付基準を決めます。地方交付税には、財源不足を補う普通交付税と地震や台風などの災害による財源不足を補う特別交付税があります。また、交付税をうけても財源が不足してしまう場合には、地方債を発行して市場から直接資金を調達する場合と、地方金融機構債を発行して資金を調達している地方公共団体機構から貸付を受ける方法があります。

地方交付税と税源移譲について

一部の地方の首長から、金融政策の一環として地方交付税をなくして、税源移譲をすべきという案が出されています。これは、地方においては、逆に地方交付税が亡くなった場合に税源移譲により独自財源が増えるかというと必ずしもそうはなりませんが、都市部においては、税源移譲を促進することで独自財源が作りやすくなるので、こうした金融政策を発言できるのです。どうしても、都市部と地方により、財質自体が違うのです。国はこうしたバランスをとるようにしていますが、逆に地方が独自税制をすることで、住民や企業が移動してしまうデメリットもあり、こうした背景を踏まえながら政策を進めていく必要があるのです。

© Copyright 金融取引の方法について. All rights reserved.