金融取引についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 金融取引の用語について

新着情報

金融用語:アウトライト取引

FXにおいて、スポット(直物為替)やフォワード(先物為替)の為替の売買は「買ったら、いつかは売る」、または「売ったら、いつかは買う」というようなスワップ取引が金融市場でメジャーな取引手法です。それとは対照的に買いと売りを分けて取引するのがアウトライト取引です。買いと売りを分けることにより、同じポジションを保有し続けることはできませんし、お互いの通貨の金利差によるスワップポイントはつきません。現在の金融市場ではあまり見られない取引手法ですが、大きく変動する相場で短期勝負をするのに適した取引手法です。

アウトライト取引とは

アウトライト取引とは、市場の相場がどのように動くかを予想して、売りもしくは買いを行います。そしてそれにより、利益を得るという金融取引です。代表的な例としては、株式取引が挙げられます。ちなみに、真逆の取引は、市場の相場の動きを予想しないアービトラージ取引です。なお、外国為替市場においては売戻しや買戻しの条件を一切つけず、売為替もしくは買為替を独立して行う金融取引を意味します。つまり、売りもしくは買いのどちらか一方の単一取引をさす言葉となります。その為、アウトライト取引はスワップ取引に対する言葉として広く知られています。

© Copyright 金融取引の方法について. All rights reserved.