金融取引についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 日銀の金融政策について

新着情報

金融政策による赤字国債の補填

日本銀行による異次元金融緩和は、財政法上の禁じ手である財政ファイナンスの疑義があると言われていますが、何故日本銀行が国債を購入するのでしょう。この点、日本の国債発行残高は約1000兆円にも及んでおり、この原因は急激な赤字国債の発行によるものとされています。赤字国債は特例国債とも言われ、政策的経費を補うため例外的に毎年度特例公債法の成立を要件として発行されているものであり、これが発行される理由は、急速な財政事情の悪化にあります。そして、こうした財政の悪化は年金や医療費等の社会保障費の増大が根底にあります。日本銀行の異次元緩和という金融政策には、こうした国の財政事情も背景にあるのです。

赤字国債:国の借金が招く事態

国の一般会計で歳入より支出が多かった場合、当然財政赤字となります。この赤字を穴埋めする目的で発行されるのが赤字国債です。普通国債の一種ですが財政法では認められておらず、発行するには特例法の制定が必要なので「特例国債」とも呼ばれます。しかし特例であるにも関わらず日本政府は毎年のように法案を提出し継続発行を行ってきたため、莫大な「借金」が累積されているのが現状で、このまま赤字国債の減少が実現出来なければ金融経済のバランスが崩れてインフレ発生の懸念があります。さらに国債価格が暴落し金利が上昇する事態になれば、国債を大量保有している銀行等は損失を被ることになり破綻が起きかねません。それを防ぐためにも早期の財政再建と大規模な金融緩和が必要になります。

© Copyright 金融取引の方法について. All rights reserved.